日本語の習得前に英語を習わせることのメリット

英語を子供に教えよう

おすすめリンク

日本語より英語の方が先

大人に比べて、子供は物覚えが早いと言われています。 ですから大人に撮って難しい英語でも、意外と子供はすぐに覚えられます。 日本語を習得する前に、まずは英語を覚えさせた方が良いでしょう。 日本語は教えなくても自然に覚えられるので、英語を優先してください。

子供は覚えるのが早い

なぜまだ日本語を覚えていないうちから、英語を習わせた方が良いと言われるのでしょうか。
その理由は、幼い子供は吸収率が良いからです。
脳が柔らかいので、教えればすぐに吸収してくれます。
両親が日本人だと、過家庭で使っている言葉も日本語だと思います。
すると自然に日本語は身につくでしょうが、英語は教えないと覚えられません。
子供が小さいうちは、日本語より英語の教育に力を入れてください。
すると英語も日本語も、両方できる人間に成長します。

綺麗な発音を身につけるため、英語を先に覚えた方が良いと言われます。
英語で話している相手の意味がわかっても、こちらの発音が汚いと相手に意味が伝わりません。
英語を学んでいるのにそのような結果になったら、もったいないです。
日本語を先に覚えてしまうと、独特の発音が当たり前になってしまいます。
英語の発音を覚える時、日本語独特の発音は邪魔になります。
先に英語を覚えて、正しい発音ができるようさせましょう。

早く英語を覚えることで、反射的に英語を言えるようになります。
リンゴを見せられれば、アップルと言えますしブドウを見せられればグレープと瞬時に言えるでしょう。
大きくなってから英語を覚えようとすると、そこまで早く答えが出てきません。
それでは実際に海外の人とコミュニケーションを取る時に、スムーズに進まないでしょう。
日本語よりも、英語を優先して勉強させましょう。
子供のころの教育が大事です。

正しい発音で言えるようになる

英語を喋る時は、発音が大事です。 文法は合っていても、発音が間違っていると相手に意味が伝わりません。 海外の人と円滑にコミュニケーションを取るため、正しい発音を子供に覚えさせてください。 日本語を覚える前に英語を学ぶことで、綺麗な発音が身につきます。

瞬時に英語で答えることができる

英語を幼いころから学ぶと、答えが一瞬で出るメリットがあります。 卵を見ればエッグと言えますし、魚を見ればフィッシュという答えが出るでしょう。 日本人の大人が英語を学ぶ時は、答えを出すまでに時間が掛かります。 実際に海外の人と会話をする時に、詰まってしまうでしょう。


PAGE
TOP