英語を子供に教えよう

この記事をシェアする

日本語より英語の方が先

吸収性が良い時に教えよう

大人になるにつれて、脳はどんどん固くなっていきます。
すると吸収性が悪くなるので勉強しても、上手く頭に知識を入れることができません。
子供のころは逆に、脳が柔らかいので勉強したことをすぐ知識に変えられます。
英語を教えるなら、この時期が最も良いと言われています。
子供が大きくなって社会で活躍するころには、海外の人とコミュニケーションを取る機会がたくさん訪れるでしょう。

その時に困らないよう、英語を覚えさせてください。
英語を学び始めるタイミングは、日本語を覚えるより前です。
両親が日本語を使っていれば、子供は聞いて覚えられます。
ですから日本語を細かく教える必要はありません。
それより、英語を積極的に教えましょう。

日本語も英語もできるようになる

英語を先に教えることで、英語と日本語の両方を喋られる人に成長します。
バウリンガルとして、活躍するでしょう。
最も脳が柔らかく、勉強を覚えやすい時期に日本語を教えてしまうと、英語を上手く覚えることができなくなります。
何回も繰り返して、勉強しなければいけません。
子供は次第に、英語を覚えるのはおもしろくないと感じてしまうかもしれません。

早く英語を覚えることができれば、子供は勉強が楽しいと理解してくれます。
先に英語を学ばせることは、勉強を好きになってもらうことにも繋がります。
日本語を覚える前に、英語に触れさせましょう。
親が英語をわかっていなかったら、教えられません。
その際はスクールを利用するのがおすすめです。



PAGE
TOP