英語を子供に教えよう

この記事をシェアする

正しい発音で言えるようになる

日本語の発音と英語の発音

大人になってからでは、綺麗な英語を発音するのは非常に難しくなります。
それは、日本語特有の発音が染みついてしまっているからです。
日本語の発音が、英語の発音の妨げになるということです。
英語から学び始めれば、何にも邪魔されません。
ですから日本語を覚える前の小さな子供は、綺麗な英語の発音ができると言われます。
小さい子供には、英語はまだ早いと思っている人がいるでしょう。

ですが子供のうちが、勉強する最も大きなチャンスだと思ってください。
発音が間違っていると、自分の意見を相手に伝えることができません。
将来、海外の人と一緒に仕事をする時に困ります。
日本語など余計なものを覚える前に、正しい英語の発音を覚えさせましょう。

カタカナ語に注意しよう

日本語には、カタカナ語があります。
それは一見英語のように見えるので、海外の人にも通用すると思っている人が見られます。
ですがカタカナ語と英語は、発音が異なります。
カタカナ語の発音で言っても、海外の人には通用しません。
海外の人とコミュニケーションを取る時は、正しい英語の発音でなくては困ります。
日本語から先に覚えると、カタカナ語を身につけてしまいます。

それから英語の発音を覚えるのは、難しいので途中で挫折するかもしれません。
今は日本人とだけコミュニケーションを取っていても、大きくなるころには海外の人とコミュニケーションを取るのが当たり前になります。
幼いころから学習することで、コミュニケーションが円滑に進みます。



PAGE
TOP